HOME > 製品紹介 > 品質保全・設備診断 > 屋外タンク底板腐食AE診断

屋外タンク底板腐食AE診断

腐食進行時に発生するAEを捉えることで、進行中の危険な腐食を検知し、その危険度を判定します。

タンクを開放することなく、内容物を維持したまま、タンクの側面にAEセンサを設置することで、底板腐食の進行状態(危険度)と、その位置を標定することが可能です。

簡易的に短時間での診断(検査作業)が可能なため、長年未解放の屋外タンクや、重要プラントにおける危険タンクなどの自主保全管理に最適です。

静止状態の屋外化学タンク

静止状態の屋外化学タンク

屋外タンク底板腐食AE診断位置標定結果

屋外タンク底板腐食AE診断位置標定結果

PAGE TOP