HOME > 製品紹介 > 品質保全・設備診断 > 配管腐食AE診断

配管腐食AE診断

腐食進行時に発生するAEを捉えることで、進行中の危険な腐食を検知し、その危険度を判定します。

2つのAEセンサを、配管10m間隔に挟み込んで設置することにより、10m範囲内の腐食進行状態(危険度)を位置標定することが可能です。

保温/保冷材等の配管皮膜物を全面解体する必要がなく、通常の稼働状態にて、広範囲の工場配管における腐食進行の位置(危険エリア)を特定します。

配管10m以内もしくはフランジ間の範囲にて2つのAEセンサで挟み込む

配管10m以内もしくはフランジ間の範囲にて2つのAEセンサで挟み込む

AE集中発生箇所評価による配管払腐食進行位置の標定

AE集中発生箇所評価による配管払腐食進行位置の標定

PAGE TOP