HOME > 製品紹介 > 品質保全・設備診断 > 低速軸受(転がり・メタル)AE診断

低速軸受(転がり・メタル)AE診断

アコースティックエミッション【AE】は、1)亀裂進展 2)摩擦摩耗 3)液体や気体の漏洩 4)腐食 5)放電 などにより放出されます。

この現象を応用すると、部材の亀裂、軸受の疲労・潤滑不良、配管の漏洩・腐食、変圧器の部分放電など、さまざまな微細現象の設備診断が可能であり、従来の設備診断法に比べ、異常を早期検知することができます。

AE法は設備の稼動条件にあまり影響を受けないため、例えば軸受において、回転数に関係なく異常の判断が可能であり、従来の振動法では診断が困難であった低速軸受設備へも診断が適応できます。

潤滑油切れ等による潤滑不良においても、金属接触時の摩擦摩耗によるAE信号を捉え、潤滑状態の評価が可能です。

転がり軸受損傷過程AE挙動(振動法との比較試験)

転がり軸受損傷過程AE挙動(振動法との比較試験)

潤滑不良に伴うAE挙動

潤滑不良に伴うAE挙動

低速軸受への応用

低速軸受への応用

PAGE TOP