HOME > 製品紹介 > 分析装置/分析前処理装置 > 常温粉砕機(ミキサーミル)

常温粉砕機(ミキサーミル)

概要

8000M型ミキサーミル

 

8000D型ミキサーミル

 

5100型ミキサーミル

 

8530型シャッターボックス

 

SPEX社常温粉砕機(ミキサーミル)はサンプルと粉砕用ボールを容器に入れ、独自の方式で高速回転させることによりサンプルを粉砕、混合するのに適しています。サンプル量に応じて5100型(~2g)、8000型(~10g)、8530型(~100g)の3機種を揃え、XRF用サンプルの前処理装置として多数採用されております。

近年は乳鉢に代わるフィルムコーティング錠の粉砕法として医薬品メーカーへの納入実績が増えております。また長時間の連続運転(~10000分)によりメカニカルアロイにも利用出来ます。

 

【対象サンプル】
・無機分野
岩石,鉱物,砂,セメント,スラグ,セラミックス,各種触媒,リチウムイオン電池,燃料電池,セミコンダクタ,など
・有機分野
錠剤,植物(葉・茎),アスベスト,骨,など

 

 

→冷凍粉砕機(フリーザーミル)はこちら

 

Mixer Mill 8000 Series


Enclosed Shatterbox

特徴

ステンレス容器・粉砕ボール

ステンレス容器・粉砕ボール

8000型で一般的なステンレス容器は、ステンレス筒の両端にフタを装着するため、サンプル回収や容器の洗浄が容易に行えます。容器からのコンタミやサンプル量に応じて、各種材質および容量の容器を取り揃えております。

型式 5100型 8000M型 8000D型 8530型
サンプル量(g)
0.1-2.0
2-10
2-10 ×2
(容器2個を同時にセット可)
10-100
粉砕方式

ミキサーミル

往復運動

ミキサーミル

8の字運動

ミキサーミル

8の字運動

シャッターボックス

すりつぶし運動

容器/ボール材質

【粉砕・混合】ステンレス,硬化鋼,メノウ,タングステンカーバイド,アルミナ,ジルコニア,窒化シリコン
【混合】ポリエチレン,ポリスチレン

【粉砕】硬化鋼,タングステンカーバイド、アルミナ、ジルコニア
電圧
115V/60Hz
or
230V/50Hz
115V/60Hz
or
230V/50Hz
115V/60Hz
or
230V/50Hz
115V/60Hz
or
230V/50Hz
寸法
高: 200mm
幅: 330mm
奥: 200mm
高: 460mm
幅: 480mm
奥: 360mm
高: 280mm
幅: 610mm
奥: 430mm
高: 1020mm
幅: 480mm
奥: 480mm
重量
7kg
35kg
37kg
102kg

8000M型による粉砕例

サンプル 形状 粉砕容器 粉砕量(g) 粉砕時間(分) 325mesh透過率(%)
錠剤
粒状
ステンレス
10
3
100
スラグ
塊状
硬度鋼
5
20
100
セメント
粉状
アルミナ
20
30
100
シリコン
塊状
タングステンカーバイド
10
15
92
コバルト
欠片状
タングステンカーバイド
10
10
91
粒状
タングステンカーバイド
12
2
86
タングステン
塊状
タングステンカーバイド
25
10
50
木材
欠片状
アルミナ
1
10
50
クロム鉱石
塊状
タングステンカーバイド
15
10
39

 

詳細カタログお問い合わせ

詳細カタログご希望の方は当社までご連絡願います。

本社営業一部第一課 担当:吉澤

PAGE TOP